「あめのほあかり」が読んだり見たりした内容を、忘れないうちにメモしておくブログです。 不定期更新で、書籍や映画のジャンルも色々飛びまくると思います。 ※ 明らかに不審なコメント等は削除します。
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
プロフィール

あめのほあかり

Author:あめのほあかり
読んだこと、見たことを書き留めておいて、いつか何かに使えるかもと思うこのごろ。
これから出会う本などの参考にでもなれば幸いです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、中の人の説明だが、中の人は、きちきちとした計算は苦手である。
GMをすることばかりだが、システムを守りつつも、ノリを大切にする傾向がある。
だから、ソード・ワールドはできたが、ロードス島戦記TRPGは肌に合わなかった。
その辺を理解していただけると、マスタリング方向が分かってくると思う。


中の人のことは置いておいて…


今回は、能力値や判定の話ができるといいな。
【基本判定方法】

 10面体サイコロを2個=2D10 と表記
 2D10を用いて、100%で判定。
 判定したいことに対して、能力値と技能、性格、GM修正などの修正を加えた後、目標値よりも下回っていたら成功。99がでたら、自動的に大失敗。00なら自動的に大成功。
 修正した数値(規定値)が100以上ある場合でも、99は失敗と見なす。

 計算式は難しくないけど、歌魔法の性質上威力があるので、計算機は必要。
 100均ショップで買ってください。

【キャラクター作成】

(1) 「種族、性別、名前、年齢」を決める。

(2) 「能力値」を決める。

 知能、器用さ、敏捷、体力、を120で分ける。 
 種族イメージ
   「人間」…どれもまんべんなく。
   「テル族」…知能・器用が多め。
   「RT」…知能が多め、体力少なめ。(知能が魔力に影響)
        詩魔法詠唱中は無防備です。AT2のココナは特異です。

 知能…RTは魔力(MP)が決まります。この式なら、公式のデータでやれそう?
     「MP」=「知能」×(「LV」+「CSLV」×2)
   例:「オリカ」(AT1ゲーム開始時)
     「知能:45」×(「LV1」+「CSLV0(ダイブしていないから)」×2)=45
     「オリカ」(CSLV9終了時)
     「知能:45」×(「LV1」+「CSLV9」×2)=855
     「知能:45」×(「LV10」+「CSLV9」×2)=1305

<ここから・・・編集中・・・悩み中>

 器用…攻撃力に影響。
     「基本攻撃力」=(「器用÷2」+「体力」)×「LV」
     例:「ミシャ」(RTは普通物理戦はしませんが、もし、シナリオ上物理戦をしないといけないとしたら…
       (「器用:40÷4」+「体力:20」)×「LV1」=30
       (「器用:40÷4」+「体力:20」)×「LV10」=300
     例:「レグリス」(知能:10 器用:40 敏捷:20 体力:50 としたら)
       (「器用:40÷4」+「体力:50」)×「LV1」=60
       (「器用:40÷4」+「体力:50」)×「LV10」=600





 敏捷…防御力に影響。
     「基本防御力」=(「敏捷÷2」+「体力」)×「LV」

<ここまで・・・編集中・・・悩み中>


 体力…HPに関係します。
     RTと、その他種族で式が異なります。
     RTの詩魔法はものすごく威力があるので、その分HPはありません。
     戦闘では守らないと、すぐつぶされます。
 
     「RT」
     「HP」=「体力」×「LV」
     「その他種族」
     「HP」=「体力」×「LV」×2

     例:「ミシャ」(AT1のRTヒロイン)
       「体力:20」×「LV1」=「HP:20」
       「体力:20」×「LV10」=「HP:200」
     例:「レグリス」(AT2の人間仲間:父親属性)
       「体力:50」×「LV1」×2=「HP:100」
       「体力:50」×「LV10」×2=「HP:1000」

(3) 「性格傾向」を決める。

 ※ 実生活に良い反応が起こる性格の場合、技能習得ポイントをその分減らします。
   逆に、実生活に悪い反応が起こる性格の場合、技能習得ポイントをその分増やします。
   ただし、この技能習得ポイントはキャラクター作成時のみだけです。
   シナリオ終了後の経験などには影響しません。
 ※ 個々の性格傾向が、あなたの演じるキャラクターの性格となります。
   魅力的な性格にしてあげると愛着がわきますよ。
   「RT」の場合、表にみえる性格になります。
   心の奥がどうなっているかは、別のところに書きます。
 ※ たとえば、「優しい」という性格を書いた場合、それがいい反応となるか悪い反応となるかを、自分で判断してその程度を決めてください。

  例:
  「優しい」良いLV0なら、何となく仲間からは優しいやつと思われている。
  「優しい」良いLV3なら、誰が見ても優しい人だと感じられるし、悪意を持っている人でもその優しさに悪意がゆるんでしまうかもしれません。ライナーの熱意に感じてしまったミュールのように。
  「優しい」悪いLV3なら、誰が見ても優しい人だと感じられるんだけど、なんかピントがずれていてお節介なんだよな。という感じになります。だから、本人は優しく善意扉を開けているつもりなのに、なんか裏があるんでしょと、あらぬ誤解を受けることになり、優しいを演じるたびにPCの評価を下げるということになります。

 ※ また、たくさんいいのと悪いのを組み合わせてもかまいませんが、あまり無理すると整合性がとれなくなるので、注意しましょう。
   悪い性格LV3を4つぐらい重ねると、普通に戦えばいつでも技が決まるようなキャラクターもできますが、そんな性格の主人公はイヤですよね?
   イヤと思わない方は作ってください。
 
 例:「ボルドー」(AT1の悪役キャラ)
   「残忍:悪いLV3」「卑劣:悪いLV3」「凶悪:悪いLV3」「野心家:悪いLV3」
   技能ポイント+80 Get!! →元々の50とあわせると130ポイント
   「剣技:100」「古代知識:10」「研究:40」 
   
  ね、無敵でしょ?? でも、こんなキャラいやですよ・・・。
  こんなのだから、「ミシャ」をひどく扱えるんです。

 △良い反応の性格△

  LV0…知っている人なら少しいい反応をもたれる程度。知らない人は、何も思わない。
      例:あいつは、実は優しいんだぜ。  
      どれだけ書いてくれても、技能ポイントに影響しない。
  LV1…知らない人でもなんかいいなと感じさせるが、特にその人の意識に影響を及ぼすことはない程度。知らない人でも機嫌がいいときにあうと、いいと感じた結果、少し得することがあるかも??
      例:なんかさわやかな人だね。
      例:今日、おっちゃん機嫌いいから、魚をおまけするよ。
      技能ポイント-5
  LV2…知らない人でも、意識してしまう。会話などでは、自然によく思われることになる程度。
      よく思われる分、少しいい意味で目立つ存在となる。
      例:あの、遠くにいる紳士は誰?存在感があるね。ちょっと話してみたいな。  
      技能ポイント-10
  LV3…誰もが目をひく存在。気にならないものはいないぐらいの存在感。
      カリスマ性があふれている状態。意識しないでも、ものすごく目立つ。
      例:御子様だわ!!!親衛隊に入れてください!!
      技能ポイント-20

 ▼悪い反応の性格▼

  LV0…知っている人なら少し悪い反応をもたれる程度。知らない人は、何も思わない。
      例:あいつは、実はずるいやつだぜ。  
      どれだけ書いてくれても、技能ポイントに影響しない。
  LV1…知らない人でもなんかイヤだなと感じさせるが、特にその人の意識に影響を及ぼすことはない程度。知らない人でも機嫌が悪いときにあうと、いやなやつと感じられた結果、少し損することがあるかも??
      例:なんかいけすかないやつだな。
      例:今日は虫の居所が悪いんだ、帰った帰った。
      技能ポイント+5
  LV2…知らない人でも、意識してしまう。会話などでは、自然に悪く思われることになる程度。
      悪く思われる分、少し悪い意味で目立つ存在となる。
      例:あの、遠くにいるやつは誰?目つき悪いよな、近づきたくないよ。  
      技能ポイント+10
  LV3…誰もが目をひく存在。気にならないものはいないぐらいの存在感。
      悪い意味でカリスマ性があふれている状態。意識しないでも、ものすごく目立つ。
      例:うわ、ボルドーだ! 逃げろっ!
      例:周りに人が寄ってきません。くるのはなんか厳つい人ぐらい。
      技能ポイント+20

(4) 技能を習得する

ATの世界の住人になって、この技能がほしいという技能を習得してください。
判定は「2D10」の「目標値以下」で成功となります。

☆技能判定☆
 「目標値」=「関係能力値」+「技能値」(+or-「GM修正、レシピ難易度など」)
 「目標値」>「2D10」

 例:料理「オリカ」の場合(もちろん仮ですよ)
   「焼き肉ソーダ」を作る。
   「器用:20」+「料理:50」-「レシピ難易度:-30」=「目標値:50」
   「2D10」を振って「目標値:50」以下なら成功。
   成功すると”おいしい??”「焼き肉ソーダ」
   失敗したら……。食べてみてください。
 
☆技能ポイント☆
 レベルが上がる(シナリオをクリアして経験値をもらう)ごとに追加されます。
 LV1は、ただの人から、冒険ができるレベルになったぐらいと考えて、「50」で作ってください。
 
 例:「ライナー」AT1の主人公(物語スタート時点)
   技能 「剣技」40 「オボンヌ」10
 例:「オリカ」AT1のヒロイン(物語スタート時点)
   技能 「詩魔法」25 25は使わずにためてある
 例:「ジャック」AT1の仲間(物語スタート時点)
   技能 「銃技」25 「口説き」15 「地域情報」5 「テル族の秘密」5
 例:「クロア」AT2の主人公(物語スタート時点)
   技能 「剣技」40 「料理」10
 例:「クローシェ」AT2のヒロイン(物語スタート時点)
   技能 「演説」30 「詩魔法」15 「ファンシーショップ通」5

 基本、自分がこのキャラクターならするだろうと言うことを技能にするといいと思います。
 また後に系統表を作ってアップしたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:アルトネリコ - ジャンル:ゲーム

<< アルトネリコ TRPG化 計画 (ちょっととばしてダイブ) // HOME // アルトネリコ TRPG化 計画 (キャラクター設定考察2) >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://amenoho01.blog76.fc2.com/tb.php/13-dfad6b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。