「あめのほあかり」が読んだり見たりした内容を、忘れないうちにメモしておくブログです。 不定期更新で、書籍や映画のジャンルも色々飛びまくると思います。 ※ 明らかに不審なコメント等は削除します。
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
プロフィール

あめのほあかり

Author:あめのほあかり
読んだこと、見たことを書き留めておいて、いつか何かに使えるかもと思うこのごろ。
これから出会う本などの参考にでもなれば幸いです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あかり(あ):よーーーーーーーーし!
     これでいけるか??!
リルシャ(リ):ど・・・どうしたのっ? いきなり叫んで?!(xOx)

あ:あ、びっくりさせちゃったか? ゴメンな。
リ:そりゃびっくりするわよ! 今何時だと思ってるの??○`へ´○
  で、何があったの??


あ:うん、なんかまとまりかけたんだ。
リ:ふ~ん。じゃぁ、話してくれる?(=^ ^=)

※ 今回は、戦闘について悩んでいたことがちょっと吹っ切れました。

【戦闘について】

戦闘について、ダメージとシステムのことで悩んでいましたが、アイデアがわきました。
悩んでいた点はこれ。

1 本編データを使いたい。
2 「詩魔法」の爽快感は出したい。
3 戦闘のダメージ式や判定は難しくしたくない。


回答として。

1 本編の敵データは、そのまま使う。
2 「詩魔法」は、ゲーム同様、ためるほど威力が上がるようにする。
  ハーモニクスとバーストゲージの利用。
3 ダメージ式は簡単にし、その代わり威力が上がる「詩魔法」のために、電卓を使用する。
  戦闘判定は、基本判定と同じで物理攻撃に対しては、攻撃命中、防御回避判定を行う。
  「詩魔法」の命中判定はなし。確実に当たる方向で。


あ:・・・という感じかな。
リ:うんうん。なるほどなの。
  じゃぁ、具体的にあたしにも分かるように教えてほしいなっ??
あ:(1)については、置いておいていいよね?
リ:うん、データって攻略本ってことだよね。
  だったら見ればいいからいいよ。
  でも、持ってない人もきっといると思うよ。
  あかり、それはどうするの??

あ:まぁ、そこは完成してからの問題だから…。
  今はふれないでくれるかな?
リ:は~~~いっ♪ わっかりましたぁっ!!p(^o^)q
あ:……なんか、かわってないか?
リ:ううん。全然、そんなことないよ。普通だよ、普通。

【詩魔法について】

「詩魔法」は、本編で使われていたものはライナーやクロアのために、ヒロインが謳ったものなので、そのままのデータを使うことは出来ないけど、それに準ずるデータを作ればいいかなと思います。
「詩魔法」の威力とレベルの表みたいなのを作れば、TRPGをやる仲間の話し合いで色々作成できると思うからです。

「戦闘」は敵味方交互に行います。
敵のターン、味方のターンとして片方のターンが終わるごとに、使用している「詩魔法」の「必要MP」を消費します。
「戦闘」での「詩魔法」は、RTが謳っている間、仲間の攻撃や支援のポイントを「バーストゲージ」に追加していきます。
「攻撃のダメージ」や「回復アイテムの値」が「バーストゲージ」に追加されます。
また、「RTを防御したダメージ」も「詩魔法」に加算されます。
つまり、仲間ががんばればがんばるほど「詩魔法」の威力は上がるのです。
さらに、RTも毎ターン(敵のターンも味方のターンも)「2D10」分バーストゲージをためられます。
これでいいと思った味方の攻撃ターンで発動させます。

詩魔法の式

「詩魔法の威力」=「詩魔法の設定されている威力」×「バーストゲージ」×「ハーモニクス」÷100

なぜ、(バーストゲージ×(ハーモニクス÷100))なのかというと、パーセントを使用するからです。
試しにリルシャに「詩魔法」を唱えてもらいます。

「リルシャの赤魔法(炎がでるよ♪):威力15:消費MP15」(オリカのボンを参考)
すぐに発動した場合

「設定威力15」×「バーストゲージ:1」×「ハーモニクス:100」÷100=「詩魔法の威力:15」
                              「消費MP:15」


リ:これって、魔法でてないし、あたしは疲れるだけだよ(×ワ×;
あ:まぁまぁ、焦らないで、もし、味方のターンで攻撃が「100」でたとしたら?
  リルシャも味方の攻撃が終わるまで待てば「2D10」バーストゲージをためられるよ。
リ:うん、じゃぁ、待って「2D10」振るね。・・・・・ころころころ「50」

「味方ターンが終わると・・・」

「設定威力15」×「バーストゲージ:150」×「ハーモニクス:100」÷100=「詩魔法の威力:2250」
                                「消費MP:15」

リ:むちゃくちゃ増えたね!(・◇・)!

あ:ね、こんな感じで増えていくんだよ。
  まぁ、今回はハーモニクスがはじめから100%あったと考えたからだけどね。
  実際の戦闘は、ハーモニクスが少しずつ増えていくことになるから、こんなに一気にダメージがでるとは思わないけどね。
 
あ:これで、「戦闘」には爽快感が出て、「詩魔法」がすごくて、RTの特徴がでたんじゃないかなって思うんだよ。
リ:でもでも、あたしたちRTは謳ってるときに防御は出来ないって分かってるよね???

あ:もちろん! それについてもまた説明するね。
スポンサーサイト

テーマ:アルトネリコ - ジャンル:ゲーム

<< アルトネリコ TRPG化 計画(戦闘中の防御の考察) // HOME // リルシャのつぶやき。<さぽている> >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://amenoho01.blog76.fc2.com/tb.php/17-0e03312f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。