「あめのほあかり」が読んだり見たりした内容を、忘れないうちにメモしておくブログです。 不定期更新で、書籍や映画のジャンルも色々飛びまくると思います。 ※ 明らかに不審なコメント等は削除します。
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
プロフィール

あめのほあかり

Author:あめのほあかり
読んだこと、見たことを書き留めておいて、いつか何かに使えるかもと思うこのごろ。
これから出会う本などの参考にでもなれば幸いです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米同時多発テロの当日、ハイジャックされた4機の旅客機のうち、唯一目的地に到達しなかった“ユナイテッド93便”の機内で起きた物語を再現した衝撃の感動作。絶望の中で一致団結し、テロリストたちと戦うことを選んだ乗客たちの勇気が胸を打つ。監督は「ボーン・スプレマシー」の名匠ポール・グリーングラス。

とのこと、これを見てきました。
9・11をテーマにした映画、あのときの衝撃は今も忘れることができない。
夜寝ようと思ったときに、何気なくついていたニュースを見たら、そこには信じられない映像があった。
はじめ、何かの映画かと思ったが、それは現実であった。

あのとき、1機、また1機とワールドタワーにつっこんでいく様子。
しばらくして、ペンタゴンにも落ちたこと。
そして、どこにも被害は出なかったが、墜落した飛行機があったこと。

そうした、テロのいやな思い出が思い出される。

この映画は、そのうちの1機、目的地にたどり着かないで墜落した飛行機がテーマになっている。

はじめ、犯人の視点で描かれる映画。
しかし、そこには、何の会話も、心の声もない。
ただ単に、時間が過ぎていき、何気ない空港の風景が広がる。
いつもと同じような空港に、犯人たちがそしらぬ顔で入っていく。
そして、飛行機は飛び立つ。

その同じとき、別の地点では、もう飛行機がハイジャックされており、進路を変え始めていた。
管制塔がそのことに気づき、いろいろと指示を出す。
地方の管制塔から中央の管制塔へ。
そして軍へと、動きは広まっていく。

しかし、それらの確認の中で、1機、また1機とハイジャックされる。
はじめの1機の位置を確認中、その飛行機はワールドタワーへと激突する。

そして、そのことを知らない93はテロ犯を乗せたまま、離陸する。
やがて、安定飛行にはいる。
一瞬の隙をつき、テロ犯は、偽物の爆弾を手にし、スチュワーデスを脅し、機長を殺す。

乗客も一人殺され、残った乗客は後ろのエコノミー席に急いで逃げていく。
機長への道を阻むようにたつテロ犯2人にたいし、どうすればよいかわからず機内は沈黙に包まれる。

同じ頃、2機目の飛行機がワールドタワーに激突した。
管制塔はハイジャックされたことを知っており、軍にも要請を出すが、軍の上層部から許可が下りず、何もできないまま、2機を失う。
そして、93とデルタもハイジャックされ、手をどう打てばよいのかと話している。

そして、何もできないまま、デルタはペンタゴンへ。
そのときには、大統領はエアフォース1で飛び立っていた。
この飛び立った大統領は、逃げたのか、それとも移動中だったのかわからないが、大統領からの指示が軍にでていたらしいが、最前線の軍には上層部から許可が下りず、飛び立てないでいた。

業を煮やした軍は、勝手に無装備の飛行機F16を緊急態勢として、出動する。

そのことを93の乗客は家族との電話で知る。
実は、テロ犯はあまり英語がしゃべれないからか、乗客が静かな声で機内に添えつけられた電話や、手持ちの携帯電話で話すことができた。
愛してると伝えたり、遺言の言葉を言ったり、家族に実況中継をしたり。
そんな中で、93の乗客は、このハイジャックが自爆テロであることを知り、自分たちが生きるために、団結して抵抗することにする。
そのとき、目的地まであと20分。

思いを同じくした乗客たちが、消化器、フォーク、お湯など持てる武器を持ち、隙をついて爆弾を持った男を取り押さえる。
男を取り押さえ爆弾がやはり偽物だということがわかると、勢いに乗りもう一人へと襲いかかる。
しかし、このことを機長室にいる仲間に伝えたテロ犯は、機長室の前で必死の抵抗を試みる。

飛行機の操縦を奪ったテロ犯も何とか乗客を離そうと蛇行運転などの危ない運転をする。
そして、目的に向かって一気に下降していく。

なんとか、機長室の前のテロ犯をどかし、機長室にも入り、残った二人のテロ犯を離そうとするが、操縦桿を持ったテロ犯は必死になって操縦桿を離さない。
そうこうしているうちに、ついに93は墜落してしまう。

乗客は力を合わせてテロ犯に立ち向かったが、残念ながら93に乗った人は全員死んでしまった。
だが、この飛行機だけテロ犯がハイジャックしたにもかかわらず、テロ犯の目的をかなえることはできなかった。

結果として、乗客が助からず、全員死んでしまったことは悔やまれるが、最悪な状況の中で、それでも生きるために勇気を持ってテロ犯に立ち向かおうとした、その事実は胸を打つ。
この1機はほかのものに被害を与えないで墜落しただけに、この映画を見るまではそんなに印象に残っていなかった。
ただ、途中で墜落した飛行機もあったんだ程度の認識だった。

しかし、この映画を見て、93の中にいた乗客の強さを見た気がする。
すごすぎる、そして、運命は残酷だった。
こんな4機のようなことはもう二度と起こってほしくないし、起こさせてはいけないのだろう。

テロ犯も祈っていた。
乗客も祈っていた。
同じ祈りが、全く違う事を祈っていたのか?
人は信じることで大きくなれるし、間違うこともできる。
信じることは大事だが、信じるものを選ぶのも大切だ。
お互いに、真剣に祈っていたというのに・・・。

自分の思いとは別に、今世界では、イギリスで起こったテロ未遂事件のようにまだ黒い影がうごめいている。
そして、ニュースでは、液体爆弾を使ったテロを、アメリカに向けてアジア(日本を含む)、ヨーロッパ各国の飛行機をハイジャックして行うつもりだったという計画をいっていた。
恐ろしい。

本当にそう思う。


スポンサーサイト
<< 博士が愛した数式 // HOME // 井沢元彦(題忘れました) >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://amenoho01.blog76.fc2.com/tb.php/5-e47e7c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。